夏の不調 プチ解消レシピ〈食欲低下・疲れ 編〉

夏の不調 プチ解消レシピ〈食欲低下・疲れ 編〉

夏の不調が気になるこの時季。「食欲低下」「疲れ」のプチ解消レシピを、管理栄養士のけんちゃん先生に教えていただきました。

材料3つ★タンドリーチキン


「食欲低下」が気になる方におすすめ!
カレーのルー(カレー粉)には食欲増進、胃腸の調子を整える働きがあります。また、キムチ(唐辛子)に含まれるカプサイシンには新陳代謝促進の効果が期待できます。


【材料】4人分
・鶏もも肉…300g
・油…適量

〈A〉
・カレールー…1かけ
・キムチ…大さじ5 (汁も加える)
※ルーは中辛以上、キムチは辛めがおすすめです。意外と子どもでも食べやすい味に仕上がりますが、辛いのが苦手な場合はルーやキムチの辛さで調整してください。

【作り方】
1.〈A〉は細かく刻む。鶏肉は一口大に切る。


2. ポリ袋に(1)をすべて入れてよく混ぜ、30分以上漬ける。


3. 油を引いたフライパンで(2)を焼く。

キムチの乳酸菌で鶏肉がやわらかくなります♪ また、キムチの唐辛子やにんにく、カレーのスパイスでタンドリーチキンの味に近づきますよ!

鶏ハムセロリにゅうめん


「疲れ」が気になる方におすすめ!
鶏むね肉に含まれるイミダゾールジペプチドには疲労物質(活性酸素)を取り除く働きがあります。イミダゾールジペプチドは水溶性なので、スープも一緒に飲むといいですよ。


【材料】3〜4人分
・水…1000ml
・セロリ…1本
 ※セロリが苦手な場合はたまねぎ1玉で代用してもOK!
・おろしにんにく…小さじ1/4
・鶏むね肉…400g
・そうめん…3~4人分

〈A〉
・砂糖…小さじ2
・塩…小さじ1
・濃口醤油…大さじ2
・かつお削り節…ふたつかみ(約10g)

【作り方】
1. セロリの茎と葉を食べやすい大きさに切る。
2. 鍋に分量の水、セロリの茎、にんにくを入れて火にかけ、1分沸騰させる。火を止めて鶏むね肉を加え、フタをして約1時間置く(60~65℃の余熱で火を通すと鶏肉がやわらかくなります)。


3. 鍋から鶏肉、セロリを取り出して〈A〉を加え、ひと煮立ちさせて火を止める。熱したフライパンで鶏肉の皮面に焼き目をつけて、薄くスライスする。


4. 器にゆでたそうめん、(3)のスープ、鶏肉、セロリ(葉も一緒に)を盛り付ける。

まだまだ暑い日が続いていますので、上手に栄養を取って、食欲低下や疲れを吹き飛ばしてくださいね!

profile

嘉村健志(かむらけんし)さん

嘉村健志(かむらけんし)さん

管理栄養士・料理研究家。「料理で色褪せない思い出を」をテーマに、料理教室を主宰。“けんちゃん先生”として、テレビ番組や食育イベントでも活躍している。
〈ホームページ〉
http://neowing-ht.com/
〈Instagram〉
https://www.instagram.com/kenshikamura/?hl=ja