【太宰府市】一歩入れば別世界!「太宰府市民の森」で気軽に森林浴②秋の森編

【太宰府市】一歩入れば別世界!「太宰府市民の森」で気軽に森林浴②秋の森編

たくさんの生き物や植物に会うことができる「太宰府市民の森」。福岡市内からもほど近い四王寺山の麓に広がるこの森は、自然豊かな森林公園で、春は桜、秋は紅葉の名所としても知られています。今回は夏の森の様子を、CHEER!daysの公式キャラクター、チアちゃん・デイズくんと一緒に探検!

第1回目では「春の森」編をお届けしました。続いては秋の森を歩きます。春の森から南へ下っていくと、「秋の森」エリアに突入。モミジやカエデ、ハゼの仲間など紅葉する木々がたくさん見られる、秋が賑やかなゾーンです。

チアちゃん・デイズくんの紹介ページはこちら

【春の森編 目次】
●太宰府市民の森はこんな森!
●まずは梅と桜の名所・「春の森」エリアを探検
●森の北側ではトレッキング気分が味わえる
春の森編はこちら

【秋の森編 目次】
●木の実や生き物にワクワク!「秋の森」
●ビオトープで水辺の生き物に出会う
●スポットデータ・子連れ情報
●アクセス

木の実や生き物にワクワク!「秋の森」

シイノキやカシノキなど、実がなる木も多く、10月ごろに訪れると、たくさんのどんぐりを拾うことができます。なかには、横縞帽子のアラカシの実、まん丸のクヌギの実など都会では見慣れないどんぐりも。栗のイガもあちらこちらに落ちています。

コロンと太っちょなクヌギの実

甘い樹液を分泌するクヌギには、カブトムシやクワガタなどが集まってくることも稀ではありません。夏の早朝などに、森の中を、よく探してみてください。

よく見ると、ちっちゃな甲虫「キマワリ」が!ゴミムシダマシの仲間です。

秋の森の中心は、「秋の森広場」。ボールやバドミントンなどちょっとした遊具を持ち込んで遊んでも楽しそうです。秋には赤く紅葉するハゼノキやナンキンハゼが、広場の周辺を彩ります。ハゼノキは、伝統的なろうそくの材料となるロウ質の実をつけることで知られている植物です。

秋には赤や黄色に色づく広場

さて、ウォーキングルートからはところどころ、脇道がのびているのですが…
秋の森広場の南方に立つ園内マップ横から春の森方面にのびる脇道のひとつに入ってみることに。

しばらく歩くと、シイノキが隙間なく空いっぱいに枝葉を広げている「うっ閉林」と呼ばれるほの暗い空間を見つけました。

わずかな光だけで生きられる種類の植物たちが、まばらに地面を覆っています。

聞こえてくるのは鳥の声と、木の幹がギシ、ギシとたわむ音だけ。
静かで涼しい不思議な空間に、しばし見入ってしまいました。

神秘的な空間を満喫したあとは、ウォーキングルートに戻り、さらに南へ下ります。
秋の森の南西は、背の高い木が立ち並ぶ、すがすがしいゾーンです。

秋に赤く色づくトウカエデや手のひらのような形の大きな葉っぱが特徴的なトチノキのほか、ハナノキ、ユリノキ、カツラ、アキニレなど、秋に黄色〜オレンジ色に紅葉する木が散在しています。

ハナノキ

太宰府天満宮の鷽替え神事に使われる「木うそ」の原料となることでも知られるコシアブラもありました。

コシアブラ

サルノコシカケなどの珍しいキノコがみられることも。

サルノコシカケ。とっても堅い!

東屋の周辺には、ハクモクレンが。春になると大きな白い花が美しく開花します。
背後の林を構成するのは、植林されたヒノキやスギ。

ここまで来ると、今回のゴール・秋の森入口まであと一息です。

ビオトープで水辺の生き物に出会う

秋の森入口付近には、自然観察ルーペと、ビオトープがあります。

ルーペで葉脈を観察

森の中に3カ所設置されている自然観察用ルーペは、誰でも自由に使えます。ルーペのフタ裏では、令和発祥の都PRキャラクター「おとものタビット」、エフコープ公式キャラクター「アップルちゃん」、CO・OP共済のキャラクター「コーすけ」が共演していました♪

ビオトープは、自然観察ルーペの向かい側にあります。

ビオトープとは、“本来その地域に生息するべき生き物が安心して暮らせる場所“のことで、太宰府市民の森には「一般社団法人 まほろば自然学校」が湿地を再生し、保全している「まほろばの里ビオトープ」があります。

まほろばの里ビオトープには、誰でも自由に入ってOK。水辺に暮らす多彩な生き物を観察することができます。

この日に出会ったのはおたまじゃくしと、

スカイブルーのボディが涼しげなシオカラトンボ。

シオカラトンボ発見!

昆虫の他、カヤネズミなどの哺乳類や鳥類も生息していて、秋にはカモもやってくるそうです。

ビオトープを満喫したら、今回のゴール・南側入口はもう目の前!

市民の森南側入口。車は通行止めですが徒歩での入園は問題なし

チアちゃんとデイズくん、森の冒険、おつかれさまでした!春の森入口から南側入口までウォーキングルートをゆっくり歩いて、所要時間60分ほどでした。

太宰府市の楠田市長から届いたコメントを紹介

profile

太宰府市 楠田大蔵(くすだ だいぞう)市長

太宰府市 楠田大蔵(くすだ だいぞう)市長

平成30年1月 太宰府市長就任(1期目)
令和4年1月 太宰府市長就任(2期目)

・市長より
太宰府市民の森は四季折々の自然を肌で感じられ、季節ごとにさまざまな表情を見せてくれる生き物たちが暮らしており、お子さんにも喜ばれる素敵な場所です。令和の都太宰府の歴史や文化、自然を味わいにぜひ一度お越しください。

エフコープは太宰府市と包括連携協定を締結しています。詳しくはこちら

太宰府市民の森へのアクセス

九州自動車道太宰府ICより太宰府市民の森近隣まで車で約7分。

県道76号線沿いにある大宰府政庁跡駐車場。この角から北へ入ってしばらく直進すると左手に坂本八幡宮、右手に無料駐車場が

坂本八幡宮脇の無料駐車場

坂本八幡宮から東に進み、案内板に従って左折。さらに進んで…

上写真の分岐を直進すると「春の森入口」、右に折れると「南側入口」に到達。坂本八幡宮から徒歩5分程度です。バスの場合「まほろば号」に乗車、大宰府政庁跡で下車して徒歩約10分。電車の場合は西鉄「都府楼前駅」から徒歩約25分で到着します。

施設情報

太宰府市民の森

太宰府市民の森

福岡県太宰府市観世音寺709
TEL:092-921-2121(問/太宰府市観光推進課)
駐車場/なし(近隣の駐車場を利用。最寄りは坂本八幡宮脇の無料駐車場、大宰府政庁跡無料駐車場)

◎多目的トイレ/あり
◎おむつ替えシート/あり
◎売店・飲⾷店/なし(坂本八幡宮近隣にあり)※自動販売機あり

おむつ替えシートあり。ベビーベッドを備える多目的トイレもある

「春の森」編はこちら

※この情報は2022年7月時点のものです