【太宰府市】一歩入れば別世界!「太宰府市民の森」で気軽に森林浴①春の森編

【太宰府市】一歩入れば別世界!「太宰府市民の森」で気軽に森林浴①春の森編

たくさんの生き物や植物に会うことができる「太宰府市民の森」。福岡市内からもほど近い四王寺山の麓に広がるこの森は、自然豊かな森林公園で、春は桜、秋は紅葉の名所としても知られています。今回は夏の森の様子を、CHEER!daysの公式キャラクター、チアちゃん・デイズくんと一緒に探検!
チアちゃん・デイズくんの紹介ページはこちら

「春の森」と「秋の森」の2つのゾーンに分かれている「太宰府市民の森」。第1回目では桜や梅、藤の花などが見られる春の森エリアを歩きます。

【春の森編 目次】
●太宰府市民の森はこんな森!
●まずは梅と桜の名所・「春の森」エリアを探検
●森の北側ではトレッキング気分が味わえる

【秋の森編 目次】
●木の実や生き物にワクワク!「秋の森」
●ビオトープで水辺の生き物に出会う
●スポットデータ・子連れ情報
●アクセス

太宰府市民の森はこんな森!

太宰府市民の森は、史跡「大宰府政庁跡」や元号「令和」ゆかりの場所として知られる「坂本八幡宮」から歩いて5分ほどの場所にある市民の憩いの場。多種多様な木々や草花、生き物に出会える自然の宝庫でありながら、市街地からのアクセスの良さも魅力です。

森の中は春の花が集まる東側の「春の森」、紅葉が美しい西側の「秋の森」に分かれています。ウォーキングコースをたどれば、小一時間ほどで全体を見て回ることができますよ。

多少のアップダウンはあるものの整備された道なので、長ズボン・スニーカー程度の軽装で十分。2022年春に、マップや案内板が新設されてからは、さらに訪れやすくなりました。

梅と桜の名所・「春の森」エリアを探検

太宰府市民の森には、車で入ることはできません。森の近くにある駐車場に車を停めて、「春の森入口」「秋の森入口」「南側入口」と3カ所ある入口のうちいずれかに徒歩で向かうことになります。今回は、坂本八幡宮脇の無料駐車場に車を停め「春の森入口」から入るルートを選びました。

春の森入口

目の前に並ぶ三角形の巨木はメタセコイア。かつては絶滅したと考えられていましたが、20世紀に存在が確認されたことから、「生きている化石」と呼ばれています。

入口を抜けると、一面の梅林が目に飛び込んできます。太宰府らしい風景が広がります。

例年、梅の花が開花する1月下旬〜2月ごろ、周囲は芳しい香りで満ちるそうです。
春の森入口付近では、「ほおばみそ」で知られるホオノキにも出会いました。

大きな葉っぱが特徴的なホオノキ

梅林を抜け北に向かうと、桜のゾーンにたどり着きます。3月から4月にかけてはソメイヨシノやオオシマザクラ、ヤマザクラなどが、4月下旬になるとサトザクラが見ごろを迎えます。レジャーシートを持って花見に訪れる人も多いそうです。大きな一本桜もあるので、見つけてみてくださいね。

春の桜並木(提供・太宰府市)

桜のエリアで特におすすめの見物スポットが、「春の森」エリアの中心地・展望広場に立つ東屋の2階です。

展望広場に立つ東屋からの春の眺め(提供・太宰府市)

春の森エリアには、他にも見どころが点在。東屋脇の藤棚や

例年、5月には藤の花が見ごろを迎えます

「野外ステージ」に使用されている「六方石」(六角柱状の天然石を輪切りにしたもの)も必見です。

野外ステージに使われる「六方石」

ぜひ、探してみてくださいね。

森の北側ではトレッキング気分が味わえる!

立看板に従って、森の奥へと歩を進めると、左手に脇道を発見。

橋を渡った先には小道がのびていて、5、6分ほど登れば那珂川、大野城、筑紫野方面を望める小さな展望台があります。今回は展望台へ続く脇道には入らず、ウォーキングルートを進みました。
すると目の前に見事なヤマモミジの群生が広がります。11月ごろになると、真っ赤に色づく姿が見られるそうです。

秋になると赤く色づくヤマモミジ

周囲を見渡すと、山肌のところどころに穴が開いています。アナグマやタヌキ、テン、イタチなどの巣なのだとか。よく見ると足跡やフンも確認できます。

トンボやバッタ、チョウ、コオロギ、ツユムシ、クツワムシなど季節の虫もたくさん生息していますよ。

バッタを捕まえた!

森の北西には、四王寺山登山道の入口もありました。

四王寺山の一角をなす岩屋山までなら、ここから20分ほどでたどり着くことができます。山頂は見晴らし抜群。筑紫平野を一望する絶景が広がっています。登山道を利用して、さらに奥へと登山を続けることもできますよ。

今回は登山道には入らず、このままウォーキングコースを進みます。すると、右手(南側)にコブシやミズヒキが見えてきます。コブシは桜の花と同じ頃、白い大ぶりの花を咲かせる落葉紅葉樹。ミズヒキは晩春から秋にかけての長い期間、小さな赤い花を咲かせるタデ科の草です。この辺りで、シャシャンボの木も見つけました!秋になるとブルーベリーのような実をつけますよ。さぁここからは秋の森のゾーンへと入っていきます。

シャシャンボの葉 

「秋の森」編とアクセス方法はこちら

施設情報

太宰府市民の森

太宰府市民の森

福岡県太宰府市観世音寺709
TEL:092-921-2121(問/太宰府市観光推進課)
駐車場/なし(近隣の駐車場を利用。最寄りは坂本八幡宮脇の無料駐車場、大宰府政庁跡無料駐車場)

◎多目的トイレ/あり
◎おむつ替えシート/あり
◎売店・飲⾷店/なし(坂本八幡宮近隣にあり)※自動販売機あり
◎アクセス・駐車場までの道のりは秋の森編をチェック!