手早くお手軽、ラクラク調理!ポリ袋活用術 第2話:カンタンレシピ

手早くお手軽、ラクラク調理!ポリ袋活用術 第2話:カンタンレシピ

大体、どのご家庭にも常備されているポリ袋。そのポリ袋、もっと便利に活用しましょう!というわけで、第1話では、福岡のテレビや雑誌で活躍中の料理研究家・古川麻水さんから、ポリ袋の活用術を教えていただきました。第2話となる今回は、ポリ袋を活用して調理した、古川さんの簡単でおいしいレシピをご紹介します!

タンドリーチキン

鶏もも肉のジューシーさとカレーのスパイシーさが癖になる!袋に材料を入れて、揉み込んで焼いただけとは思えないおいしさです。

【材料】2人分
・鶏もも肉…200g
・塩…小さじ1/4
・おろしにんにく…小さじ1/2
・おろししょうが…小さじ1/2
・ヨーグルト…大さじ2
・カレー粉…小さじ2
・ケチャップ…小さじ2
・パプリカパウダー※1…小さじ2
※1 色付けなので、なくても可。

【作り方】
1. 鶏もも肉に包丁を入れて、厚みを均等にする。
2. ポリ袋に(1)とすべての材料を入れて、袋の上からよく揉み込み、冷蔵庫で1時間ほど寝かせる。
3. 天板にのせて、230度のオーブンで10〜13分焼く※2。火が通り、表面に少し焼き色がついたら完成。
※2 魚焼きグリルでもOK(約10分~鶏肉に火が通るまで)。

コールスロー

優しい甘みとほんのりとした酸味がおいしい、コールスロー。ポリ袋調理なので、野菜の水気を絞る作業も簡単です。

【材料】3~4人分
・キャベツ…5枚程度
・コーン…50g
・ツナ…1缶(約75g)
・塩…適量
・こしょう…少々

〈ドレッシング〉
・マヨネーズ…大さじ3
・酢…大さじ1
・砂糖…小さじ2

【作り方】
1. ポリ袋に、千切りにしたキャベツと塩をひとつまみ入れて、袋を振ってよく和える。空気を抜きしばらく置いておくと水が出るので、袋の上からしぼって袋の口から水を出す。

2. ドレッシングの材料をよく混ぜ、(1)、ツナ、コーンと和える。
3. 塩、こしょうで味を調えて完成。

紫たまねぎのピクルス

「あと一品野菜が欲しい」というときにぴったりのピクルス。紫たまねぎで作れば、色合いもきれいです。

【材料】2人分
・紫たまねぎ…1/2個

〈ピクルス液〉
・酢…100ml
・砂糖…大さじ2〜3
・塩…小さじ1/2
・ローリエ…1枚
・にんにく…1/4片
・たかのつめ…1/4本(辛いのが苦手な場合はなくてもOK)

【作り方】
1. 紫タマネギは、繊維に沿って約7mmのくし形切りにする。
2. ピクルス液の材料をすべて鍋に入れ、火にかける。ひと煮立ちしたら火を止めて、粗熱をとる。
3. ポリ袋に(1)と(2)を入れて、空気を抜いて袋の口を結んで冷蔵庫に入れる。1時間ほどでも食べられるが、半日以上置いたらよく漬かって食べごろ。

アボカドサラダパン

女性に人気のアボカドディップが、とっても簡単に作れます。バケットにのせても、そのまま食べてもおいしいです。

【材料】2人分
・アボカド…1個
・たまねぎ…1/4個(40g)
・レモン汁…小さじ1
・マヨネーズ…大さじ2程度
・塩…少々
・こしょう…少々
・ミニトマト…適宜
・バケット…適宜

【作り方】
1. アボカドの皮をむいて種をとり、約1〜2cmの角切りにする。たまねぎはみじん切りにする。
2. ポリ袋に(1)とレモン汁を入れて、よく絡める。次にマヨネーズを入れて、アボカドを袋の上からつぶしながら混ぜる。塩・こしょうで味を調える。
3. バケットに4等分したミニトマトを1切れずつのせる。ポリ袋の角をハサミで切り、バケットに(2)を絞り出していただく。

ベリーのフローズンヨーグルト

今からの季節にぴったりのフローズンアイス。ベリーの酸味とヨーグルトの甘みのバランスが◎。簡単なのでお子さんと一緒に作ってもいいですね。

【材料】2人分
・プレーンヨーグルト…200g
・砂糖…大さじ3
・ブルーベリー、ラズベリー※3…適量
※3 冷凍でも可。

【作り方】
1. ポリ袋にヨーグルトと砂糖を入れ、袋の上から揉んで、よく混ぜる。
2. (1)に冷凍ブルーベリーとラズベリーを入れて、袋の口を結んで冷凍庫へ入れる。半分くらい固まったらよくほぐし※4、再び冷凍庫へ。アイス状になったら完成。
※4 固すぎる場合は、室温に出して、少しやわらかくなったところでほぐす。

どれも本当においしいものばかりですので、ぜひ作ってみてくださいね!

profile

古川麻水(ふるかわあさみ)さん

料理研究家、フードコーディネーター、フードスタイリスト。株式会社アサソフラ代表取締役。福岡を中心にテレビや雑誌などで活躍する他、料理教室の開催や食の総合プロデュースなどにも幅広く携わる。