初めてでも上手に作れる!飾り巻き寿司

初めてでも上手に作れる!飾り巻き寿司

食卓やお弁当に華やかさをプラスする「飾り巻き寿司」。子どもの日や行楽シーズンが続くこれからの季節に、みなさんも作ってみませんか?
今回は、エフコープくらしの学習サポーター※の恵方マキさんに、飾り巻き寿司の中でも、初級編の「花」の作り方を教えていただきました。早速挑戦してみてくださいね!

※専門分野に詳しく、組合員理事などの推薦を受けて講師として登録している組合員のこと。

まずは材料と事前準備

【材料】 <1本分>
・寿司飯…250g(1合は約300g)
・おぼろ…20g
・チーズかまぼこ…長さ10㎝1本
・野沢菜漬け…長さ10㎝5本
・焼のり…半切3枚(うち半切2枚は、3分の1ずつ6枚に切っておく)
・いりごま…適量(お好みで)

作ってみよう!

【作り方】

1.  事前に色付けした寿司飯は5等分し、普通の寿司飯はうずらの卵大を取り分けておく(最後の調整に使います)。

2. 色付けした寿司飯1つを3分の1枚に切ったのりで棒状に巻く。5本分繰り返す。
どこで切っても同じ柄に見えるように、寿司飯はムラなく、同じ高さで広げるのがポイント!

3. (2)ののりがなじんだら、1本ずつ巻きすにのせて転がし、形を整える。

4. 片手に巻きすを広げ、チーズかまぼこを中心にして(3)の細巻き5本を花の形になるようにまとめる。転がしながらくぼみ5カ所に野沢菜漬けを1本ずつのせる。
具材をのせたら、全体を巻きすで包んで形を整えましょう!

5. のり半切1枚と3分の1枚をくっ付けて横長にし、右端4cmを残して寿司飯を均等に広げる。
★のりは米粒でくっ付けます(写真右)。

6.(5)にお好みでいりごまをふり、(4)の花を寿司飯の中央にのせる。

7.(6)を左右から包み込む。その際、寿司飯がつながらなければ(1)の調整用に取り分けていた寿司飯で間を埋めて仕上げる。

8.(7)ののりがなじんだら、酢水で濡らしたフキンで包丁を拭きながら、4等分にカットする。フキンで包丁を拭きながら、ひと切れを2、3回に分けてカットすると絵柄がきれいに出ます。  

9.「花」のできあがり!

「花」の作り方を覚えればアレンジも自在♪

A:とびこを加えて彩り華やかに♪
お祝い事のときなどは、いりごまをとびこに変えると、華やかさが増します。

B:具材で色と味を変化
おぼろの代わりに、寿司飯に玉子焼きを切るように混ぜれば、黄色い花に! 鮭フレークやふりかけなどを混ぜ込んでもきれいです。

C:小ぶりなサイズに
寿司飯を200gに減らし、野沢菜漬けも外せば、子どもが食べやすいサイズに仕上がります。

いかがでしたか?ぜひチャレンジしてみてくださいね!


◎エフコープでは、組合員1人を含む3人以上でくらしの学習サポーターによる学習会を開催できます。詳しくはこちらをご覧ください。


profile

恵方(えほう)マキさん

恵方(えほう)マキさん

JSIA(寿司インストラクター協会)認定の飾り巻き寿司マスターインストラクターで、エフコープくらしの学習サポーター。飾り巻き寿司教室を多数開催する傍ら、「家族の喜ぶ顔が見たいから」とオリジナルの絵柄も日々考案中。