【京都郡苅田町】ママたちが作る、人や地域をつなげるつどいの場「にじいろ」

【京都郡苅田町】ママたちが作る、人や地域をつなげるつどいの場「にじいろ」

地域に暮らす大人や子どもの困りごとに耳を傾け、互いに助け合えたらという思いで立ち上げられた「にじいろ」。北九州・京築地域の子育て情報を発信したり、子どもの年齢に応じた交流会やイベント、趣味や知識が深まる講習会を開催したりと幅広く活動しています。

同じ目線で寄り添ってママやパパを助けたい!

講座やイベントが行われる「いりびたるーむ」は利用者のつどいの場。

「にじいろ」の運営メンバーは全員が子育て中のママ。代表の石田恭子(いしだきょうこ)さんがワンオペ育児で悩んでいた時に、SNSで知り合ったそうです。「私自身、夫が出張の多い職種ということもあり、2人の子育てに追われる毎日で…。常に誰かと話したい、大変さを共感してほしいと思っていました。そんな時、SNSを通して、ママ友同士で情報交換や悩み相談をするようになり、とても気持ちが楽になったんです」。その後も交流を深め、直接会って話をするうちに、同じように不安を感じ、人とつながりたいと思っているママたちの助けになりたいという思いが強くなっていったと言います。

「ママたちと同じ目線で困りごとや悩みに共感し、私たちだからこそできる子育てサポートがあるのではないかとメンバーで話し合い、2013年に公民館などの公共施設で託児や絵本の読み聞かせなどの活動を始めました」と石田さん。教員免許の保有者や現役保育士など、さまざまな経歴を持つメンバーが、企画やデザイン、動画編集など、それぞれの得意分野を生かしながら活動しています。

お揃いの虹色つなぎに身を包む、運営メンバーのみなさん。左から石田さん、河野(かわの)さん、玉井(たまい)さん、春日(かすが)さん、豊川 (とよかわ)さん

イベントを通して、楽しく子育てできる環境づくりを

手形足形アートや小学生向けの投資講座などさまざまなイベントを開催

立ち上げから9年目を迎えた現在では、以前イベントに参加した方が、子育てが落ち着いたからとスタッフとして手伝ってくれたり、口コミで活動を知った地域の人々や周辺の大学生などが協力してくれたりと、人や地域とのつながりが着実に広がっています。

2020年2月に苅田町立与原小学校の正門の前にある一軒家に拠点を構えてからは、子どもたちも気軽に利用してくれるようになったそうです。「あぁ~疲れたぁと言って休憩をしに立ち寄る子もいますよ」と石田さんは笑います。時には子どもたちのパパが拠点のDIYを買って出ることもあるとか。

民家を活用した「にじいろ」の拠点。キッチンや和室を利用した催しも。

「自転車などを使って子どもたちが冒険の旅に出るペンタアスロンなど、規模の大きなイベントの開催もできるようになりました。大学生が講師になってくれることもあるんですよ。いろんな方とつながることで、私たちの知識や経験も深まり、以前にも増してサポートは進化中です!」と石田さん。

もともと行っていた託児や絵本の読み聞かせの他、食育や環境保護を学ぶイベント、年齢に応じた外遊びイベント、フードドライブ、子ども服のリサイクルなど、地域全体を巻き込んだ活動にも積極的にとりくんでいます。こうした活動が広まり、地元の苅田町だけでなく、北九州市や遠方からの利用者もいるそうです。

人気のイベント「乳幼児そとあそび【あおぞらパーク】」の様子。

「子育て中のパパやママが頼りにできる、あったらいいなを解決するような場所になっていきたい」と話す石田さん。未就学児から大学生まで、幅広い年齢の子どもを育てるママたちが運営しているからこそ、親身に寄り添ってくれる「にじいろ」。ちょっと子育てに疲れたな、困ったなと思ったら、ぜひ気軽に利用してみてください。

施設情報

エフコープ組合員活動の拠点「にじいろ」

エフコープ組合員活動の拠点「にじいろ」

福岡県京都郡苅田町与原3-6-11(与原小学校正門前)
利用時間/毎週月〜金曜日10:00〜15:00
駐車場/3台
問い合わせはこちら
TEL:0930-28-8210

◎最新情報はHPやFacebookでチェック!
HP→http://nijiirochildcare.web.fc2.com/contact.html

フェイスブック→https://www.facebook.com/nijiirochildcare.keitiku.kosodate/

◎エフコープ組合員活動の拠点について詳しくはこちらから。
https://www.fcoop.or.jp/union_activities/base/

※費用やイベント、講座内容は変更になる可能性があります。本記事は2022年7月現在の情報です。