子どもの睡眠について考えよう

子どもの睡眠について考えよう

みなさんは日ごろどのくらい睡眠をとっていますか?子どもは成長・発達の途上にあり、食事や運動と同じように睡眠はとても大事なものです。今回は筑紫女学園大学准教授の大西良先生に、睡眠の持つ力と、その役割についてお話を聞きました。

睡眠不調がもたらす心身への影響

成長・発達の途上にある子どもにとって睡眠不足になるとどんな影響があるのでしょうか?イライラする、疲れやすい、キレやすい、集中できないなど、睡眠が足りていない場合のストレス反応は、睡眠が十分足りている場合の2倍以上とも言われています。

また、睡眠は記憶や認知機能にも影響するとされていて、成績にも関係すると言われています。学力を高めるには勉強時間や方法に目を向けるだけでなく、適切な睡眠時間、睡眠リズムと合わせて考えることが大切です。

子どもにとって理想的な睡眠時間とは?

では、子どもにとって適切な睡眠時間はどれくらいでしょう。個人差が大きいため一概には言えませんが、下図のようなデータがあります。一方で、福岡県のとある市町村で調査(2021年6月実施)したところ、小学生の一日の平均睡眠時間は9時間10分、中学生は7時間28分でした。理想的な睡眠時間を下回っていることがわかります。

アメリカ国立睡眠財団(National Sleep Foundation)2015年をもとに作成

睡眠時間の他にもうひとつ注意したいのが、平日と休日の睡眠時間帯がずれ過ぎて体調不良になる「ソーシャル・ジェット・ラグ(社会的時差ぼけ)」です。
就寝時刻と起床時刻のズレが2時間以上だと心身の健康に影響するとされ、調査結果では、小・中学生の約1割でそのズレが生じていました。週末に夜ふかししたり、寝だめしたりするのではなく、平日も土日も同じリズムで就寝・起床することが望ましいです。

理想的な睡眠時間と「ソーシャル・ジェット・ラグ」に配慮しながら、子どもの睡眠環境を整える参考にしてみてください。

【まとめ】子どもの睡眠5カ条

これまで睡眠不足がどのように子どもの心身に影響を与えるのか、理想的な睡眠時間や注意点を紹介してきました。睡眠は脳を育て、体を成長させ、心を癒してくれます。良い睡眠のためには早寝、早起き、朝ごはんをしっかり実践し、生活リズムを整えることが大切です。
子どもの眠りは、大人の眠りを映す鏡でもあります。以下の「睡眠5カ条」を参考に、お子さんはもちろん、親子で生活習慣を見直してみてはいかがでしょう。

【子どもの睡眠5カ条】
1. 毎日同じ時刻に寝て、起きるようにしましょう。

2. 寝る前のゲームやスマホの使用は避けましょう。

3. 起床時に朝の太陽の光を浴びるようにしましょう。

4. 朝食は生活リズムを築く上で大切になるので、決まった時間に食べるようにしましょう。

5. 不安や緊張など眠れないときは、相談しやすい大人(保護者や先生など)に相談しましょう 。

profile

大西 良(おおにし りょう)先生

大西 良(おおにし りょう)先生

筑紫女学園大学 人間科学部 人間科学科 心理・社会福祉専攻 准教授
筑紫女学園大学 大学院 人間科学研究科 准教授

大学に勤めるかたわら、福岡県筑豊地区の小・中学校でスクールカウンセラー(非常勤)として勤務。子ども食堂や学習支援、ママカフェを大学生と共に実践しており、地域における子どもと若年ママの居場所づくりを行っている。
また、生活の質の向上や不登校の予防支援として、睡眠の正しい知識と習慣を身につけるための教育「子どもの睡眠教育(みんいく)」にも取り組んでいる。

筑紫女学園大学
https://www.chikushi-u.ac.jp/